Startup Weekend Sapporo vol.2

    Thursday, January 1 - June 20, 2060


  1. Overview
  2. Schedule
  3. Judges
  4. Coaches and Mentors
  5. Sponsors
  6. Organizing Team

Event Alerts and Updates

Get the latest on Techstars Startup Weekend, Sapporo, and other local events through Techstars Startup Digest.

Oops! Double-check that email address.

Startup Weekend Sapporo vol.2

Thursday, January 1 - June 20, 2060



Thursday, January 1 - June 20, 2060
Event starts at 6:30 pm

MIRAI.ST cafe
札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルベサ1F
Sapporo, Hokkaido 060-0063


Startup Weekend Sapporo vol.2

ある週末の54時間、
あなたのいる町に現れる幻のシリコンバレー。

第一回の札幌初上陸は満員御礼!
大好評につき、Startup Weekend Sapporo vol.2 開催します!

Startup Weekendは新しい「なにか」をつくりだすエキサイティングな「スタートアップ体験イベント」です。

週末だけであなたはアイデアをカタチにするための方法論を学び、リアルなスタートアップを経験できます。あなたはチームで力を合わせて、金曜の夜から日曜にかけての54時間で起業を体験します。

Startup Weekendは金曜の夜、みんながアイデアを発表するプレゼンから始まります。ハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントと顧客開発を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。

Startup WeekendはITイベントではありません。これまで起業の経験がなくても、学生でも社会人でも、熱意がある方ならどなたでもご参加いただけます。


満員御礼!キャンセル待ち続出の第一回札幌開催

Startup Weekendは現在110か国、478都市、1,000回以上開催しています。日本では東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市をはじめとして、滋賀、大垣、熊本などの地方都市での開催があります。2015年1月に行われた第一回の札幌開催は、キャンセル待ちに長蛇の列。開催後も興奮冷めやらず、大好評につき第二回の開催が決定!

当日の詳しいレポートやつぶやきはこちら!
http://togetter.com/li/768192


あなたがStartup Weekend Sapporoに参加する理由

まだStartup Weekend Sapporoに参加するかどうか迷っていますか?

就活中・学生の方へ
勉強内容が羅列している履歴書と、何件もの創業実績が書いてある履歴書。どちらがより強力なインパクトを持つでしょうか?

エンジニアの方へ
あなたのアイデアが製品作りに反映されてなくて、ウズウズしてませんか? あなたのアイデアと技術で世界を変えるプロダクトを作ってみませんか?

会社員の方へ
スタートアップを成功に導くためには様々なスキルをもったオールラウンドプレイヤーが必要です。実戦を通じて成長することができれば、あなたは今の会社でさらに活躍できると思いませんか? そしていつか人生の転機が訪れたとき、チャンスをつかむために一つの週末をかける価値はありませんか?

起業中の方へ
たった一度の週末で素晴らしい人脈が一気に増えるチャンスを逃しますか? 54時間を共に過ごすことで、出会うべき仲間と巡り会えるチャンス、それがStartup Weekendです。
席には限りがあります。急いでください。あなたの参加をお待ちしています。



開催日時

当日の詳しいスケジュールはScheduleの欄をご確認ください


参加料金

2015年6月19日(金)〜6月21日(日)の3日間
参加費 :5,000円 (食事5食付き)

学生の方は、先着20名まで、参加費の補助(3,000円)を受けることができます。
※申し込み時に5,000円の学生チケットをご購入ください。補助を受けるには、当日、受付での学生証の提示が必須です。また、20名を超えた場合はお申し込み順となります。
  • 開催中、5食が提供されます。食事代は参加費に含まれています
スポンサー様のご協力により6月6日にお値下げしました!料金改定前にお申し込みいただいた方には、当日会場にて現金で差額を返金いたします。

「スタートアップ体験イベント」とは?

スタートアップに大切なことは何でしょうか。サービスが必要されているかという仮説・検証を的確に行い、人が心からほしがるものを見極めることだと考えます。モノに溢れる現代社会では人が心から欲しがるプロダクトのみ、市場価値が付きます。
仮説を元に素早くプロトタイプを作り上げ、ユーザーテストを行い、検証することで、人が心から欲しがるものが見えてくるはずです。

スタートアップは少人数です。少人数でチームを組むということは、それぞれに大きな裁量が与えられる点が特徴です。ハスラーのみならず、エンジニアもデザイナーも仮説・検証と向き合い、自分の意見をプロダクトに生かすことができます。もちろん失敗も起こりえます。トラブルもあるでしょう。しかしそこから学びを得て、プロダクトと共に自分も急成長して行けるのがスタートアップの魅力です。

そんなスタートアップを体験できるStartup Weekendではたったの3日間で、価値のあるプロダクトが生まれます。中でも、東京で最優秀チームに選ばれた「SENSEI NOTE」さまざまなメディアで話題になっています。

Startup Weekend Tokyo発の教員向けコミュニティ「SENSEI NOTE」が正式サービス開始

Startup Weekendは世界最大級のスタートアップコミュニティです。グローバルスタンダードのリーンスタートアップを体験してみようと思ったら、ぜひあなたもStartup Weekendに参加してみてください!


Startup Weekend Sapporoソーシャルメディア

ソーシャルメディアでもStartup Weekend Sapporoを盛り上げましょう!Facebookグループへの参加申請、Twitterのフォローをお待ちしております。


お申し込み

Doorkeeper - Startup Weekend Sapporo vol.2よりお待ちしています!

See what it's all about

Learn More






EVENT SCHEDULE

Friday June 18th


6:30 pm
受付開始
受付開始です。(お仕事のご都合がある方もいると思いますので、遅れても大丈夫です)


7:00 pm
夕食 & 交流会
食事をしながら交流会を行います。どのような参加者が来ているのかを知りましょう。


7:20 pm
開会の挨拶
開会の挨拶と運営スタッフの紹介が行われます。


7:30 pm
ピッチ開始
参加者によるピッチ(各自のアイディアの短いプレゼン)が行われます。


9:00 pm
投票
一番良いと思ったピッチに投票します。


9:15 pm
チーム形成 & 作業開始
各自が持っているスキルに応じてチームを形成し、作業を開始します。


10:00 pm
帰宅
1日目はこれで終了です。お疲れ様でした。

Saturday June 19th


11:00 am
集合
2日目の始まりです。


11:30 am
チーム&作業場形成
役割分担を決めチームとしての活動を開始します。同時に席を作り各チームの作業場所を決めます。


12:00 pm
昼食
昼食が提供されます。


1:00 pm
作業再開
昼食後も引き続き作業を行います。


2:00 pm
コーチからのアドバイス
困ったことがあったらコーチにアドバイスを求めましょう。


6:30 pm
夕食
夕食が提供されます。


7:30 pm
作業再開
進捗が良くないようであれば助けを求めましょう。


10:00 pm
帰宅
2日目の終了です。お疲れ様でした。残り1日がんばりましょう。

Sunday June 20th


11:00 am
到着
最終日の始まりです。


12:00 pm
昼食
昼食が提供されます。


1:00 pm
コーチへの質問
もう残された時間は僅かです。コーチに聞きたいことがあるチームはどんどん質問しましょう。


3:00 pm
プレゼン前の最終チェック
プレゼン大会はもうすぐです。最終チェックを行いましょう。


5:00 pm
プレゼン大会
とうとうプレゼン大会です。準備してきた全てを出し切りましょう。


7:00 pm
審査 & 授賞式
審査員による厳正な審査が行われ、授賞式が行われます。


9:00 pm
帰宅
3日間お疲れ様でした。幸い翌日は祝日なので飲み足りない方は二次会へ。


10:00 pm
パーティ(真の学びの始まり)
懇親会が行われます。


Event Judges


クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役 伊藤 博之

会社のスローガンは『音で発想するチーム』。DTMソフトウエア、サウンド配信サービス、音楽アグリゲーター、3DCGコンサートシステムなど、音を発想源としたサービス構築・技術開発をフラットな社内体制のもと日々進めている。「初音ミク」の開発会社としても知られている。2014年10月にクリエイティブ活動のハブを目指す「MIRAI.STカフェ」を札幌市にオープン。北海学園大学経済卒。北海道情報大学客員教授も兼任。2013年11月に新産業創造が評価され藍綬褒章を綬章。



エコモット株式会社 代表取締役 入澤 拓也

2002年 米Highline Community College 卒
2010年 小樽商科大学院 経営管理修士 修了
2002年~2007年 クリプトン・フューチャー・メディア(株)
2007年 エコモット株式会社 設立(現在に至る)
北海道モバイルコンテンツ・ビジネス推進協議会 副代表幹事(2010年~現在)
NPO法人札幌ビズカフェ 副代表(2014年~現在)


ムラタオフィス株式会社 代表 村田 利文

1956年江別生まれ。大学院在学中の1980年に株式会社ビー・ユー・ジーを共同設立。IT系学生ベンチャーの草分けとなる。1992年にソフトウェア開発の株式会社ビジョン・コーポレーションを設立し、SOHOから起業。5年目・売上3億円でコアシステムと合併し、株式会社ソフトフロントを新創業。VoIPに特化したベンチャーとして2002年にナスダック・ジャパン(現JASDAQ)に上場。2009年、ムラタオフィス株式会社を設立し、プロジェクトマネジメントを事業とする。
公的業務では、北大発の技術を普及させるIntelligentPadコンソーシアムを設立。札幌BizCafeの設立メンバーであり、代表であった。札幌の複数のIT企業の取締役も兼務。


Coaches and Mentors


株式会社VERSION2 代表取締役 大西 昭夫

1976年札幌生まれ。2000年あたりから仕事をしながらバンド、VJ、デザイン活動に明け暮れる。
2007年に務めていた会社と結婚生活から独立し株式会社VERSION2を創業。
数年はWeb系システム会社として運営していたが、2012年初めにCIを導入し「教育機関」を専門としたWebシステムメーカーにシフト。
北海道大学メディア・コミュニケーション研究院と共同で開発したeラーニングシステム「Glexa」の全国販売を開始し、全国100以上の大学にGlexaをはじめオープンソースや講義収録システムの導入を展開している。
温泉の番頭になるのが将来の夢。



トーマツベンチャーサポート株式会社 札幌オフィス 庄司敬央

2012年有限責任監査法人トーマツに入所し、上場企業監査のほか、株式上場支援業務、財務デューデリジェンス等の業務に従事。2013年よりトーマツベンチャーサポートの活動に参画し、道内ベンチャー企業に対して、
販路拡大、資金調達、パブリシティ等の支援を行っている。また、北海道内でのスタートアップ向けイベントの開催にも積極的に取り組んでいる。


株式会社えにしテック代表取締役 島田浩二

北海道札幌市在住のプログラマ。1978年生まれ。2001年電気通信大学電気通信学部情報工学科卒。メーカ系のソフトウェア会社にて携帯電話向け組み込みソフトウェアの開発業務に従事した後、2006年より札幌にてフリーのプログラマとして独立。2009年7月に「株式会社えにしテック」を設立し、同社代表取締役に就任。札幌を拠点に、システム構築、開発支援、教育などを行っている。2011年からは一般社団法人日本Rubyの会の理事も務めている。近著に『Rubyのしくみ』(共訳、オーム社)、『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』(共訳、達人出版会)などがある。


北海道ベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役 三浦淳一

1974年札幌生まれ、深川育ち。中小企業診断士。1997年北海道大学経済学部卒業後、札幌市内の会計事務所にて中小企業・起業家への会計・税務に関する指導業務に従事。その後、2002年、北海道ベンチャーキャピタル㈱の創業期に参画し、2011年より代表取締役を務める。道内初の民間インキュベーション施設の開設・運営に携わり、現在は、道内での中小・ベンチャー企業向け投資育成業務に従事する他、財務戦略を中心とした経営コンサルティング活動を行っている。投資先数社の役員を兼務し、積極的なハンズオン支援を実践する他、各種起業塾などでの講師、ビジネスプランコンテストの審査員などの活動も行う。


北海道情報大学 情報メディア学部 准教授 同大メディア・クリエイティブ・センター(MCC) センター長 同大アントレプレナーシップセンター(HIUEC) 運営委員 安田光孝

1969年東京生まれ。大学卒業後、Webデザイナー/ディレクターとして働いた後、1999年米国に留学してMBA/MSIT取得。2001年帰国後、外資系コンサルティング会社、IT系ベンチャーのWebプロデューサーを経て2007年より現職。専門はWebコンテンツプロデュース、Webビジネス、創造性教育、教育工学。近年はクリエイティブ分野でのディレクター/プロデューサー志向人材の育成と創造性教育に力を入れる。米国留学中、デンバーでの自然と都市がバランスした生活スタイルが影響。それを求めて、2007年、札幌に移住。趣味は放浪、アウトドア、カヌー、クルマ。


株式会社MASSIVE SAPPORO 川村健治

2011年に念願のUターンを果たしたシェアハウスBUIEの仕掛人。1978年生まれ。大学入学を機に上京し、2004年から不動産業界において、マンションやビル開発、不動産ファンドや地域再開発などに携わる。2009年、上海留学を経験した後、リアルゲイトの創業メンバーとなりシェアオフィスやシェアハウスの開発運営を行った後、株式会社MASSIVE SAPPOROを創業し独立。
現在は、札幌に拠点を移し、シェアハウスのみならず、シェアオフィスJOBUIEの運営の他、不動産の可能性を追求する日々を送る。


株式会社パソナテック 札幌支店 支店長 大長光泰弘

1985年大阪府藤井寺市生まれ。高校まで地元の大阪で過ごし、大学進学の為上京。2008年に株式会社パソナテックに入社。横浜で営業をした後、親会社のパソナ品川チームへ出向。その後パソナテックに戻り名古屋支店で営業として従事。2015年6月に北海道支店.支店長に就任。北海道の自然や、食べ物に魅力を感じ、今後はより多くの人に北海道でのキャリアを実現して頂きたく、「UターンIターン」の取り組みに尽力予定。趣味はゴルフなので北海道でより多くのゴルフ場を満喫したい。


リージョンズ株式会社 代表取締役 高岡 幸生

1967年札幌生まれ。北大卒業後、株式会社リクルート入社、営業拠点開設、タウンワーク札幌版立上げプロジェクト、求人広告部門のカンパニーオフィサー(売上106億、従業員400名)などを経験。2008年札幌にUターン、リージョンズ株式会社創業、札幌・仙台・宇都宮に展開。2009年株式会社リージョナルスタイル設立、人材紹介業のフランチャイズ展開を開始、現在フランチャイズは全国9社18エリアに展開中。


Event Sponsors, and Partners

The Startup Weekend Sapporo vol.2 team is grateful for the support of local community partners without whom this event would not be possible.
Learn how to become a sponsor here.


Gold

Silver

Global

Other


Organizing Team

Techstars Startup Weekend Sapporo is 100% led by volunteer community leaders.
Learn how to get involved here

  • DongYol
    Lee
  • Chikako
    Mori
  • Sunao
    Kobayashi
  • Konomi
    Kawaharada
  • Satoshi
    Morishita
  • Enoki
    Noko
  • Tatsuyoshi
    Ishikawa

Event Blog

See Full Blog


We haven't written any posts yet. Stay tuned!


×